ITコンサルとSIerの違い

この記事は約2分で読めます。

ITコンサルとSIerの違いについて解説していきます。

ITコンサル

ITコンサルは経営者の課題に対してITの知見を持ってアドバイスや、経営の方向性の意思決定をサポートしていくお仕事となります。

お客様は経営者で、コンサルティング契約を結び、アドバイス等を行います。

お客様の現状と課題を理解した上で「IT組織の変革は必要か」「経営戦略上、その課題を解決するためにはIT活用が妥当か」「業務要件の検討」「どのようなシステムを導入するべきか」等、ITに関わる構想策定から検討を行います。

これらを論理的な説明・根拠となるデータを示しながら経営者に意思決定を促していくわけですね。

会社規模が大きくなればなるほど、経営課題も難しくなるため、こういったアドバイザーが必要となってきます。

アドバイスの内容を元に、システム開発を行うとなったらSIerに相談し、実際にシステムを開発していくこととなります。

SIer

SIerは上記の内容を踏まえてシステム開発を行うとなった後、システム開発のプロフェッショナルとして開発を行っていきます。

契約は受託開発となり、お客様の作りたいシステムを開発し、納品するところがゴールですね。

契約を締結すると、SIer社内ではプロジェクトという単位となり、その責任者がPM(プロジェクトマネージャー)となります。

プロジェクトは契約内容に従い予算・納期・納品物などゴールが決まっています。

プロジェクトマネージャーはプロジェクトを完遂させることがゴールであり、プロジェクトを完遂させるために人・モノ・金・情報を動かし、計画を立て、進捗管理し顧客と調整しながら進めて行きます。

プロジェクトマネージャーの指示の元に、実際にシステムを開発していくのがSE(システムエンジニア)となります。

ITコンサルの業務理解をより深めたい方は以下の本がおススメです。

コンサル会社の採用基準が知りたい方は以下の本がおススメです。

タイトルとURLをコピーしました